2014年5月26日

臨死体験〜天然のイニシエーション〜

5月のエネルギーは、一際大きく作用しました。
私の友人が、ついに体の大変化を起こしています。

t02200165_0640048012953578758

ユカリルームにまた優れものが設置されました。


私が、体の異変を始めて体験したのは24歳。
次男の出産をひかえた臨月。

私は、長男を連れて下高井戸へ幼児教室に通っていました、その帰り道に
急に頭が

ぐら~~~っと

したのです。
初めは何が起こったのかわからなくて、下高井戸駅へ向かって歩いていた足取りがふらつき始めました

頭の中で完全に平衡感覚をなくし、道に連なるビルの壁面がゆがんで見えました。
それでも、必死でこらえて、家に帰らねば、の一心で長男の手をとり電車に乗りました。
よほど顔色が悪かったのか、周りの人が覗き込みました。

なにせ、お腹の突き出た妊婦。
明大前で乗り換えでしたが、もうこらえきれず、歩けなくなりました。
こちらで下車してタクシーに乗り帰宅しました。

その後、数年に1回程度激しい眩暈起き、そのために慈恵医大病院で検査しましたが、

何の異常も見つかりませんでした。

とにかく、これが起きると大変なのです。
まず、一日起き上がれなく、激しいバス酔い状態になります。
近くに洗面器を置き、一日中嘔吐します。

そして話は飛びますが、それから十数年後、頭に落雷ようなエネルギーの玉が降りてきて、放電したのです。
死ぬほどの放電でした。

 t02200293_0480064012953578759

なんでしょう??メルマガ読者のみ公開

世にも美しい音楽と歌声が聴こえました。

私は、当時を振り返って今、思うと、、これは臨死体験だったと思います。
今年になってBODYワークを教えている先生から、私の体は臨死体験をした人の体と同じ!!と言われました。

結局この放電はその後、3回体験します。
不思議とその放電以来、あの激しい眩暈は無くなりました。

ここ2年。
私は、自分自身の可能性を開くために、独自メソッドを公開してきました。
その中で、私の近くでサポートしていただいているある人が、先日この眩暈を体験しました。
元々この見えないエネルギーの世界では、私より早く学ばれていて先輩でもある人です。
その人が、先日この強烈な眩暈を体験しました。

私は、この話をこの人にしていませんでした。
案の定、彼は病院に検査に行きましたが、まったく異常はありませんでした。

私はピン!ときました。

本格覚醒にはいった!

そのうち、光の玉が落っこちてくるかもしれませんね

t02200293_0480064012953578760

撮影のときに使用したお花を活けました


物理的世界の中に、イニシエーション(儀式)というこのがあります。
しかし、その物理的世界の前に、必ずエネルギーの世界から受ける”イニシエーション”があると言われています。(物理的イニシエーションを受けたからといって、必ずエネルギーの世界のイニシエーションを受けられるとは限りませんが)

実際に体験してみないと解からない世界ですが、私はこの放電を天から受けていて、初めてそれが何だったのか、、最近になってようやく理解しだしています。

この天然イニシエーションを受けてから10年。
まさにこの時期は、このエネルギーの世界に物理的に入り歩み出した頃。

ですが、実はその出発点は、24歳の臨月に起こったあの眩暈が、始まりだったのです。

そしてその眩暈が起こった数日後、私はとても意味のある出産をしました。
出産は、実は赤ちゃんにとってイニシエーションです。
産道にエクスタシーを感じました。

それから16年後、
私は天から落雷のような”イニシエーション”を受け、臨死体験をしたのです。