2015年9月25日

死の美学とは

 

t02200165_0640048013434892860


先日あざみ野で、ピアニスト谷崎ゆかりさんの「音ヨーガ」にゲスト出演させていただきました。
主催ではなかったので、久々に心から楽しめました。
ユカリは小心者なので、いつも結構神経ピリピリで何かを行うのです。
よく知っているスタッフは、そんな姿を知っていて、、気を使ってくれたりします。

t02200293_0800106713434892859


ですが今回のコンサートは、とっても楽しかったです。
ユカリ、エネルギーが大放出でした。
当日の会場は、HAPPYエナジーで溢れかえっていたと思います。

クリスタルボウルの生徒から花束何ぞいただいて、、
上機嫌!!結構単純です。
でも本当に楽しかったです。
お越しくださった皆様、心より感謝申し上げます。

エナジーが本当にすごかったようで、何人からもコメントをいただきました。
ユカリが何故にエネルギーが爆発するのか、、


川島なお美さんの悲報ー。
昨夜友人とTEL中に知ったのです。
電話を切って、それからざっとネットを見て、少し理解しました。
すごく素敵なご夫婦だったようで、川島さん、とっても幸せな人生だったことを知りました。

t02200293_0720096013434892858


私はTVを見ない派なので、彼女の最近のご活躍は存じていませんでした。
ですが、先日偶然TVを見た時、画面に映っていたのが彼女の記者会見だったのです。
ほんと、偶然に、、
一年に一度お正月くらいしかTVを見ないのですが、、、
たまたま見たのが川島なお美さんの、ワインの会見だったのです。

それからほんの数週間??
死の寸前で、人前に出られたのが美しかった、、
と後になって気づいたのです。

死は、誰にも平等に通過する儀礼。
私たちは、それを考えないように日常は生活しています。


小さい頃から、「死」の憧れがあって、、
太宰や、漱石、久米正雄などを読んで、死の淵を覗きたくなった 13歳、、

怖いけど、手首を切ったらどうなるのか?
そして切ってみた!!
そんな多感な時期から、38歳の時に「死」に直面させられ、

自分の人生が普通より波瀾万丈だったのは、
子供の頃からの 死のための生を意識していたからなのだ、、

と、、

クリスタルボウルを魂で演奏し、
常に150 %で生きたいのは、、

人生の終焉に
「あー自分は精一杯生きたのだ!」と思いたいからなんだと思う。

「死の美学」

どう生きるかでなく、
どう死ぬか、、

きっとそれがテーマなのだと、、
今日はつくづく思う夜更けでございます。

川島なお美さん  合掌

死ぬ時が華

それはエナジーを学ぶと理解できる、、ことなのです。

9/22 谷崎ゆかりコンサート「音ヨーガ」
クリスタルボウルウォーターフル萩田ユカリIN あざみ野
萩田ユカリソロ  ピアノコラボレーション
YouTube→https://www.youtube.com/watch?v=W1fNsBSZsx4&feature=youtu.be