2014年5月31日

ベールはどこ?プロの古い感覚

t02200391_0360064012958120567

”ベール”という言葉を聞いたことがありますか?

そう、次元のベールはどこになるのでしょう?

『22のドア イン ウィル』

最近オーダーが多いセッションの一つです。

知る人ぞ知るセッション。

高度なヒーリングなので、受けるタイミング、準備が整っていないとエネルギーが空間に構築がされず、事前カウンセリング中にエネルギーが降りて来ません。

ですので、お申込頂いても、
「本日は出来ないので他のセッションにしてください」
となるのです!

メニューにひっそり記載してありますが、受ける人は、ある日突然気になり出すようです。

このセッションを受けると、ボイドとベールの場所が開示されます。
生まれてから今までの中で、カットできる準備が整った意識のシャドー(影)を処置します。

この時に使われるエネルギーが大きいです。
作業中はご本人もグラグラと揺れ、異次元空間を体感するする人も多いです。
このセッションで、初めてエネルギーワークをリアル体験。

面白いことに、私たちの目にはフィルターがあり、それは絶対に外すことは出来ません。

絶対にです!

私たちは、必ず自分のフィルターでしか思考することが出来ないことを知っておくべきです。

自己成長を遂げない限り、フィルターの精度はあがりません。

そして、精度を上げるためには、
今の自分を破壊しない限り、次の創造は生まれまず、そしてベールの精度はあがりません。。

今、プロといわれる人、私はそういわれる人に魅力を感じません。

もちろん、初めはすごく期待していました!
プロだから、必ずそこには、自分の持っていないクオリティーがあるのではないか!と。

しかし、ここ最近、色々なプロと接して来て、どれも新鮮味を感じられません。

もちろん、私のようなヒーリングの世界もそうです。
私は、エネルギーワークのプロとして、自分のクオリティーの維持は、自分自身の破壊を恐れないこと!。

以前の自分に甘んじない限り、必ずエネルギーを扱うことが出来ます。
そして、そのエネルギーは成長し続けます。

破壊しないと新しいエネルギーを感じられないのです。
何か、古めかしさを感じてしまいます。

商業主義

これは大多数に売れるものが良いということです。
ですが、大多数に波及しだすと”おしまい”ということです。

今、意識の転換が起っています。
私はそれを肌で感じます。
昨年と大きく違っています。

今、大多数に受けることは、もう古い!ことなのです。
時代は次のサイクルに廻りました。

いつか、メッセージを本にしたいと思いますが、CD同様に自費出版なのかもしれません。
それから、ネット本でなく、物質としての本となるでしょう。
物質化にパワーがあるので、私が出版するなら絶対紙媒体の本です。

これはCDで学びました。
どんなに時代が進んでも、物質化の意味は大きいということ。

そして、その物質化にしたモノのパワーがやどり、私たちを変化させる程の力が働くのです。


アナウンス:
6月4,5日(水木):直傳霊氣 前期、6月6日(金):直傳霊氣 後期
エネルギーを扱う基礎です。
大きくエネルギーを動かすユカリから受け取ってください。
詳しくは以下へ
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
パワーを感じる体感CD
http://ameblo.jp/open-hart/entry-11626065338.html
http://ameblo.jp/open-hart/entry-11638765631.html

CD購入サイト → http://cra.theshop.jp/items/186587


《最新スケジュール》はHPのTOPへ→ http://jujutennyo.com/
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*