クリスタルボウル、チューニングフォークについて

Q&A1 クリスタルボウルとは?

クリスタルボウルは、クリスタルから作られた楽器です。

1980年代にアメリカのコンピューターチップを製造する会社が作成しました。

クリスタルは伝導率が高い鉱物で、このような機械の部品として使用されていたようです。

クリスタルはとてもクリアーな性質のため、持つ人によって働きが大きく変化します。

また、クリスタルの波動が人体のエネルギーに触れると、私たちの波動も調整されていきます。

クリスタルボウルの持つ特徴は、専用のマレットで叩いたり廻したりして起こるバイブレーション、そして

そこから起こる倍音が特徴です。

そして、それは奏者の波動の中で起こりますので、音色、響き、バイブレーションがそれぞれ特徴を持って

表現されます。

 

Q&A2 クリスタルボウル演奏家になるということは?

クリスタルボウルの持つ、その奥の深さと宇宙につながっているという計り知れないパワー、

そして神聖さを感じています。

ヒーリングという世界を知り、そして波動を上げて生きるという意味を知り、

人が発するエネルギーを最善にクリアニングするという観点から、

クリスタルボウル奏者としてのクオリティーを維持し、さらに高めるために日々生活しております。

そんな観点から、クリスタルボウルの奏者を育成しております。

この楽器は技術ではありません。

私は、たんに技術や知識を伝えません。

この楽器は、自然音階で出来ていますので楽譜はないのです。

叩き方には、伝授する打法は確かにあります。ですが要は奏者のエネルギー・・・。

今の言葉でいうとオーラ、そう、意識や思考のほうが重要なのです。

奏者は、エネルギーが全てです。

そのエネルギーを理解し・実践し、尚且つ求道者でなければ、この楽器は扱えないでしょう。

鉱物から作られるこの楽器は、奏者のエネルギーがいかに大切であるかを物語っています。

自己の成長の為にも、習ってみたいと思われましたら、是非、トライしてみてください。

あなたのエネルギーは、「最高の状態をキープし続けていく」ということと、

「更に洗練されていく」ということになります。

 

Q&A3 チューニングフォーク 周波数を学ぶ事

この宇宙、私たちが意識している、そして知覚している世界。

目の前に見えている現実。

あなたの現実はあなたの世界です。

人、家、空、花、そのような景色、また私たちの体、目、耳、鼻、手足、、、

それら全ては、ある一定の周波数を持っています。

そして、あなたのオーラ。

あなたの発する声、感情、意識。。

そして、それらに触れると私たちの身体が共鳴(レゾナンス)します。

そして私たちを振動させます。

私たちのエネルギーフィールドがそれを感知し、

私たちの思考に影響を与えます。

そして、その周波数に私たちが惹きつけられていきます。

私たちの感情を通して動く心。それは周波数の反応です。

心は周波数です。

私たちは絶えず発する楽器です。

ですから、調律が必要です。

自分のセンターを保つ為に、

自分で自分の調律を行う時代になってきています。

そして、聴く行為により

微細なものを感知する力が付いてゆきます。

あなたはどんな音色でしょうか?

見えないから、聞こえないから、あまり意識したことない方は是非周波数を学んで下しさい。

あなたの内面で観て下さい、そして聴いて下さい。

 

Q&A4 クリスタルレゾナンスアカデミーのチューニングフォーククラスの特徴

クリスタルレゾナンスアカデミー、チューニングフォークの本来の面白さと

変化効用の凄さを体験していただいております。
 
習われたチューニングフォークオペリストの皆さんは、様々なシーンで活用されています。

また、セミナーの情報量もさることながら、エネルギーを受け取る!ということを体験されます。

頭だけの理解ではなく、エネルギーを受け取ると、自分自身のエネルギーフィールドが活性化され、

現実が急速に変化しだします。

それは、自分の成長が早まってゆく、ということです。

今回お渡しした情報は、この地球は4つのエレメントから構成されて、

その4つのエレメントは宇宙にもありますが、それを含めて、もう一つのエーテルの元素をプラスして

《5エレメント》をご紹介しました。

この講座は《5 ELEMENTSコース》は

現実世界の地水風火、宇宙の地水風火、それに全て関わっているエーテルの世界の周波数で調整できます。

部屋が片付けられない。。

これは、《現実世界の風》の元素が強すぎるのです。

この場合、《現実世界の地》の周波数をあなたのオーラフィールドと聴覚からプラスしていきます。

それから夢を現実化させたいときは、まずしなくてはならないことは、

《宇宙の地》の元素を調整していきます。

メインのフォークにあと2~3の周波数で微調整していきます。

他に強力な周波数があります。

現実化の周波数!

物事の実現化するには、マザーガイアである地球に強力なグラウンディングが必要です。

このように、普段の生活に応用できる楽しいツールです。

是非、多くの方に学ばれていただきたいと思っております。

 

Q&A5 チューニングフォークとクリスタルボウルの違いは?

チューニングフォークは計算されたピタゴラスの数学の世界。

こちらは完全なる純正律、オクターブの世界。

レオナルドダビンチの”円積問題の絵画”も、この調律を現しています。

円はオクターブまたは宇宙を現し、四角は地球を現しています。

音階を学ぶと、

グレゴリオ聖歌などは、ある音階が数多く使用されている事に気がつきます。

そして、意識とゆがみから来る身体の乱れ一瞬に調律します

チューニングフォークは誰でも一定の周波数を送ることが出来る、優れた調律器です。

宇宙は”数学”です。

寸分の狂いもなく惑星が軌道を回るように、ある一定の決まりによって動いています。

そして、それが音であり波動の世界です。

クリスタルボウルは自然音階、調律されていない音。

しかし、無限なる組み合わせによる表現は宇宙を現し、

奏者が楽器になってしまうと、それこそ無限大の創造に繋がります。

ここで起こる倍音はクリスタルボウルだけではなく、

奏者の体を通して行われます。

どれくらいの倍音を体を通して表現できるか?

それが奏者の質の高低を決めていきます。

したがって、クリスタルボウルの演奏は、

人によってまったく違う世界を宇宙に放つ事になります。

ある意味、奏者に責任が問われる楽器でもあり、

放ったモノの3倍は帰ってくる宇宙の法則を遥かに上回ります。

どちらも勉強すると、音の世界の“天と地”を表現できるようになります。

 

Q&A6 クリスタルボウルの知られざる効用

意識のシフトをもたらすクリボウですが、実は、肉体の強力な効果をもたらします。

スピリチュアルな部分が強調されていますが、肉体面の効果をアメリカのミッチェル・ゲイナー医師が

10年以上も前に本を出版しています。

『音は何故癒すのか』のこの本は今やアマゾンで¥ 10,000を越す 値が付いている本です。

ミッチェル ゲイナー博士『音はなせ癒すのか』抜粋

「病気は体内の不調に現れ、細胞はまた特定の器官、たとえば心臓や肺のおけるバランス失調のあらわれである。とすれば、共鳴という特性をもっているシンキングボウルは、それを奏で、それに耳をかたむける人に「宇宙交響曲」へのアクセスをうながすだけではなく、そのひとの体と心に調和を回復させる作用があると考えられる。

私だけでなく、多くのヒーラーが、治療は体の調和が失われた部分―したがって病んだ部分―に正常な周波数の振動を回復させることによって達成できると信じている。音が振動であり、その振動が体の内外を微細に震わせている以上、その音は耳を介してだけでなく、全身の細胞を通じて「きこえている」と考えなければならない。脈はゆったりと打ち、呼吸は正常なリズムをもっている。その時人は、静穏な、瞑想的なまなざしで自己のいのちをみつめることができる一種の変性意識状態に入っているのである・・・」

私がクリスタルボウルに着目している事!

それはクリスタルボウル、云々ではなく、この強力なバイブレーションです。

今、チューニングフォーククラスを開始していますが、まさに音がもたらす効果は絶大です。

そして、この音によって肉体、そしてその中でも脳波が刺激される事によって大きな変化を体験できます。

α波からθ波へ移行させることによって、何が起こるのでしょう?

その瞑想状態がもたらすもの。。。

瞑想は瞑想そのものが目的ではありません。

深い自己が開放され、人をゆする気持ちが高まり、心が解放され、潜在意識の深い部分である怒りや恐怖が

表現できるようになり、最終的にはそれらを真に手放す事ができるようになります。

そして、そのことにより肉体の病気となる因子が消滅へと向かいます。

また運動や薬によるものではなく、エンドルフィンをmaxに出し、幸福感の持続によって

ランナーズハイの状態へ移行させてしまいます。

クリスタルボウルがおこなう強力なヒーリングは、おそらく、宇宙生成期の音、すなわち、

私たちのエッセンスの音に酷似しているからでしょう!

それで最終的にもたらす効果は、この体そのものを優良な楽器へと創り上げていく事になります。

体が調律されると、声がまず変化します。

声に意志がのり、それは質の高いバイブレーションとなり、周りに対して影響力を持つようになります。

もちろん、それくらいになりますと、深い自己も癒されていますので、

良い影響を周囲へ送ることが出来るようになります。

”8音階の神秘”

そしてまさに、音はこの一瞬にしか反映されません。

音は、発生した瞬間になくなってしまい形が残りません。

音は、今でしか共有できなく、過去や未来のものではありません。

たとえCDで聞いたとしても、聞いた事実はすぐに消えていきます。

”音楽は、やはりライブで受け取るべき”というのはその理由によるものです。

色の世界は、音の周波数をより物質界に繁栄させたものです。

色は誰でもその周波数を見ることが出来て、物質として具現化したものです。

音を聴く。

今の一瞬にアクセスする。

それは、この地球で生きていく”不思議”に触れることです。

私たちは、この一瞬の連続性です。

 

ピタゴラスは“は巨大な楽器である”と構想し、振動する弦の宇宙を「球体の音楽」と呼んでいました。

宇宙には、エーテル、風(空気)火、水、地の元素を作り出しました。

エーテルはまず風(空気)になり、そして同じエーテルから火が出来ました。

火の熱により、エーテルのある特定の元素が溶け液状化しました。

そして、水の元素が現れました。

そしてそれが固まり、土の分子が作られました。

このように、エーテルは風(空気)、火、水、土になったのです。

そして、そのすべてに共振共鳴(レゾナンス)するヘルツが存在します。