2015年10月24日

点と線ー今日花山天文台で、演奏会という名のクリスタルボウル大コンタクト

t02200220_0640064013463142671

2015,8 飯綱高原でのコンタクト

【要】不思議な事がNGの方はスルーしてくださいー

2013 年11月に動き出した、ある一つの宇宙プロジェクトは、2014年8月で決定的となり、そして今日2015年10月である形を生み出します。
常に私にエナジーを供給する宇宙のある集団が、この流れに関与しています。地球にとって
全く新しい初めてのエナジーを”萩田由香里”という媒体を通して地球に届けて来ています。なんでこんな事が起こるようになったのか、当の本人すら意味がわかりません。

2004年にある日、
それは東京の神田小川町に住んでいた頃に起こりました。

突然夜中に、巨大な圧力の雷のようなエネルギーが頭上に起こって来て、感電しました、、

臨死体験をしました。

その放電は3分くらいだったと思います。結局この後私の意識は地球に戻されて、感電死には至らなかったのですが、辺り一面が焦げた匂いがしました。

”焦げた!”

と思ったその後、失神して朝を迎えました。
深夜23:00の出来事でした。

それ以来、放電する身体に変化して、それが日に日に年追うごとに、人にコピーできるくらいになって今に至ります。

どうやら、これは凄い生命エナジーのようです。
世俗的な法律のため詳しくは説明できませんが、いろいろな不思議な事が起こるような体を持つようになりました。

今は、自分の体を通して宇宙と人間の不思議を知りたい!と只々思います。

そして、昨日は東京から名古屋へ向かう車中も、ずーーと宇宙のある集団にマークされています(笑)巨大エナジーを私にガンガン送ってきています。それを知らない乗車している音楽スタッフの方達も、朝からガンガンに寝させられて、、名古屋に到着しました。

ハイエナジーは、通常意識が保てなくなりますので、身体から意識体が強制的に出させられてしまいます。その時に意識体は、ある調整が起こっています。

t02200165_0360027013463142804
2014,8 サンフランシスコで喜多郎さんと出会いました

今日10/24の京都大学花山天文台コンサートで、何が起こるのか?!私も非常に興味深いです。

喜多郎さんは、私に出会ってすぐにコラボのお話をしてくださいました。私に反応するなんて、喜多郎さんも宇宙に直結している方ですね(笑)

私はプロの音楽家ではありませんが、宇宙の音を提供する事を仕事にしています。音楽の知識はゼロですが、そんな私が世界的に有名な方のステージを共にするのは光栄です、宇宙に感謝しています。

「宇宙人さんありがとう

t02200293_0540072013463142670

こちらの写真は、今年の夏に飯綱高原でリトリートを行った時に、ワークショップで撮影された写真です。

30名で「コンタクトワーク」を行いないました。宇宙の知的生命体に、地球の引き上げをお願いしました。

t02200293_0540072013463142669
飯綱高原で撮影されたETI


今回タイミングがあれば、この写真を京都大学の理学研究科の先生に見ていただこうと思っています。

地球が物質文明優勢の終着点であえいでいます。
この危機をどうにか乗り越えたい!

結局人間は、人間同士の中では成長できません。
人間という獰猛な体を持った生き物は、霊体との狭間の中で、これから何を選択してゆくのでしょうか??

「どうかこの愚かな人間達の成長の為に宇宙の進化した生命体から知恵を与えていただきたい!」
と思いながら今日は天文台でクリスタルボウルを演奏したいと思います。

151024



2015年9月07日

10/24 京都大学花山天文台 喜多郎さんとコラボセッション/ グランディングの本質

グランディングの本当の意味を理解していますか?

あなたがもし、グランディングの意味を真に理解したら、この地球で起こる全ては、意味があることを悟るでしょう。

医療、教育、政治、環境、宗教、食、様々な分野で問題が吹き出していますが、このこととグランディングが関係があるのです。

これは、「ストレスの本質」の次のステージで公開します。
おそらく、皆さんは驚くでしょう!
全て起こっていることを否定するのでなく、そこから自分がどのようにその風景をみる事ができるのか!

自分は全てを解っている!と思っている人は、その先には進めません。
いつも同じところをグルグル周っているだけとなります。

批判の中にいる、ということは進歩しない!ということ。
これは今の時代、批判材料がたくさんありますが、もしそのような世界を築きたくないのなら、どちらにも属さない!という方法で切り抜けられます。
この意味を理解できたら、地球の次元より高いところから現実を見ることができます。
それはその領域に行った者しかわからないでしょう。
まずは「世の中で正しい」と思われる事を今一度検証する必要があります。
良い悪いでなく、その行為その物は何なのか?を知る事です。

151024

10/24  に京都大学 花山天文台前で、喜多郎さんのコンサートにゲスト出演いたします。
こちらはなんと無料ですが、倍率の高い抽選だそうです。
100名しか参加できない、プレミアムコンサートですので、是非お申し込みください。

ユカリと喜多郎さん、高橋恵子さん、海老原慎二さんとのコラボセッションがございまーす。
これはETIが絶対にきますね!!


第3回 花山天文台野外コンサート「月と音の夕べ」
お申し込み→http://www.kwasan.kyoto-u.ac.jp/education/open2015c/